短期アルバイトのカウント

しかしそんな事などおかまいなしに、ゼロヨンレースは始まっていた。 それぞれの車道に1台ずつ、 2台の車が先頭をそろえるようにして並ぶ。 2台の車の正面少し前には精悍な顔をした男が足を揃えて立ち、 前に出すぎた車にジェスチャーで少し後ろに下がるよう指示を出していた。 両車が揃うと、左右の車のドライバーに、 短期アルバイトのカウントは3秒前から始める旨をやはりジェスチャーで伝える。 どうやらこの男がスターターらしい。 サッと男は両手を大きく広げた。 同時に左右の車はグアン!グアン!と空ふかしをはじめ、 エンジン回転数をMAXへと押し上げて行った。 男の両手が指を3本立てる。3秒前だ。2本、1本、 ザシイッ!男の両腕が渾身の力で振り降ろされた。 ギャギャギャギャッ!!