契約の更新とエアコンの取り換え(関西人としての心得)

今の部屋に住むようになってから3回目の契約更新の時期がやってきました。今の自分にとってはとてもよい部屋なので今回も更新するつもりです。ただ、不動産会社からは、今回の更新にあたり3,000円の値上げをしたいとの連絡がありました。

入居した時のタイミングがよく、僕の部屋の現在の家賃は79,000円(共益費4,000円込み/1K(20.6㎡/オートロック、風呂・トイレ別/2口コンロ/宅配ボックスあり/東新宿駅から徒歩5分)、地域の相場より、そして同じマンションのどの部屋より安い家賃で値上げさせて欲しいという事でした。

僕としてもある程度の値上げはやもえないと思いながらも、(関西人の血がそうさせるのか)、一応、値上げ幅を値切る交渉をしました。そして家賃のアップは半分の1,500円に、そして家賃のアップを飲む代わりに、エアコンの取り換えをしてもらうことになりました。

昨日の占いはそのエアコンの取り換え日。新しくなったエアコンはとても静かで、そこから出てくる空気はとても新鮮で、それまでになかった機能も増えて、多分電気代も下がると思います。

転んでもただでは起きない。関西人の強みを生かせた今回の契約の更新でした。