米国のEVメーカー、テスラの主力EV、『モデル 3』。同車のタクシーが3年間で40万km以上を、 ノントラブルで走り抜いた。

これは8月28日、テスラがインスタグラムで明ら かにしたもの。「フィンランドのタクシードライ バーが、3年間にモデルSで40万km以上を走破。 大きなトラブルはなかった」と公表している。

このタクシードライバーは、Ari Nyyssosesta氏。 EV先進国として知られるフィンランドでは、モデ ルSのタクシーは珍しくない。しかし、走行距離 が40万km以上に達したモデルSは、同氏が初めて という。

テスラのイーロン・マスクCEOは、「テスラのEV パワースポットは、およそ160万kmごとのメンテ ナンスでも走行できる耐久性」と語っており、今 回のフィンランドでの出来事は、モデルSの耐久 性の高さを証明するものといえる